読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダメダメな俺 - 社会人1

実家に戻り、4月から新卒でデザイン会社に入社。

社員は13人くらいの小さい会社。

入社日から2時間残業した。

デザイナーは毎日深夜3、4時くらいがザラだった。


俺は営業だった。

どう考えても向いてない。

モチベーションも低く、それでも早くは帰れない。

みんな頑張ってる。22、23時が定時になってた。


GW明け、緊張の糸が切れたのか、会社にいけなくなる。

結局そのまま半分バックレみたいにしてやめた。

まだ2ケ月だった。

最終日荷物を取りに会社にいった。

帰り際、頑張れよって優しく送り出してくれた。


そっから罪悪感と解放感に浸る毎日。

毎日ベッドでアニメ見てた。

ニート最高!ってのも二週間くらい、そっからはレールから外れた虚無感に苛まれた。


ダメダメな俺 - 幼少期から大学

なんで俺はこんなダメ人間なんだろう。


幼少期から集団行動は苦手だった。


友達はたくさんはいないけど、それなりにはいた。

でも深く付き合える友達はいなかった。

今も親友が1人いるくらい。


中学はバレー部だった。

ヘタくそだったけど、部員少なかったからレギュラーだった。

顧問はクソ厳しかったけど、なんとか3年までやりきった。


高校は進学校に入った。

1年時は全く知り合いがいないクラスになり、孤立してた。

なまじ勉強しかすることなかったから、2年で特別クラスに入れた。

でも元がしれてるから、落ちこぼれ。

結局センター試験に失敗、私立の大学に入った。


大学は県外にした。田舎を出たかった。

オレンジデイズみたいな青春を謳歌する予定だったけど、こんな性格だから、あまり友達はいなかった。

コンビニのバイトして、まるっきり役に立たない講義を受け、気づけば就職活動。

4年の10月というギリギリのタイミングで地元の零細デザイン会社の営業を内定。

なんだ、結局地元しか内定出ないのかって、自分を責めた。